印鑑で重要なのは実印

実印と銀行印イメージ

実印と銀行印を一緒にされている方も多いかも知れませんね。
どちらも信用やお金に関わる場面で登場します。
ある意味、銀行の方が日常生活では関わりが多いでしょうし、そのため銀行印の必要性がより大きく見えるかも知れません。

しかし、より人生全体を見れば重要なのは実印の方です。
いろいろな節目、大きな信用と取引を交わす際に使われます。
はんこ屋さんで実印と銀行印のサンプルを比較してみると、違いは大きさや長さだけのように思われます。

実際、印鑑そのものとしては大差はありません。
問題は、より信用性があるかどうか、ということになります。
すなわち、実印とは、行政機関から、これは本人の意志で登録され、こちらもきちんと確認した本物の印鑑ですよ、と認められたものであり、その証が実印を押した際に添付される印鑑証明です。
つまりお役所からのお墨付きの印鑑であるということです。
そのため、土地の売買や家の購入といった多きな保証が前提とされる取り引きにおいて必要とされます。

一方銀行印は、銀行側としては、持参したものを確認し登録するのですが、あくまで本人が持ってきたものを信用して口座を開いたり預金を払い戻したりします。
その印鑑そのものに対する真贋性を示すものは何もありません。
そういう意味において、銀行印はあくまで銀行取引用であって、それで家を売ったり買ったりされても、相手も心配だという訳です。
ですから、実印はここぞという時にのみ使い、より身近に使うような銀行印とは分離して管理すべきであると言えます。

ページの先頭へ